スポンサーサイト

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MeTs-Japan

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

MeTs-Japanタイトル

途上国、そしてこの日本の中であっても、医療を受けたくても受けられない、そんな状況にある人たちが多くいます。

私たちMeTs-Japanは、国際医療地域医療の現場から体験して学ぶということを目的として、医療の届かない場所を自ら訪れ、患者さんと同じ目線に立って「一人一人を大切にし、心を救う医療」を学び、同時にそのような医療をより多くの学生に知ってほしい、という思いで活動しています。

現在は、ミャンマーを中心に臨床医療活動を行うNPO法人ジャパンハートと主にリンクし、活動体験の場を提供しています。

当日は、下記について発表させて頂きます。

①私たちMeTsJapan/NPO法人Japan Heartのご紹介
②実際にミャンマーの現場で活動を体験してきた学生による活動報告



国際医療や地域医療に関心のある方、
現場に行ってみたいとお考えの方、
ぜひご覧になってみてください!



下記に私たちの活動の詳細やHP、学生の体験記などもご紹介しています。

私たちMeTs-Japanは以下の活動を主としています。
_ジャパンハートとの共同事業:ミャンマーへの学生派遣
_ジャパンハートとの共同事業:カンボジアへの学生派遣
_地域に根付いて活動する病院・診療所での実習・見学

 私たちの活動に興味を持っていただけたのでしたら、ぜひホームページにもおいでください。
 ⇒こちらからどうぞ!

 ジャパンハートは、「医療の届かないところに医療を届けること」を基本理念とし、保健医療、教育を通じ日本及び海外の地域の発展に寄与することを目的とする、特定非営利活動法人です。
※ジャパンハートについての詳細は、こちらを参照してください(外部リンク)。


 今回は、ミャンマーとカンボジアへの学生派遣、地域医療現場での実習見学について簡単に紹介させて頂きます。

ミャンマーとカンボジアへの学生派遣(スタディツアー)

 この活動は、国際医療NPO「ジャパンハート」の全面的ご協力のもと、国際医療・地域医療の学生会「MeTs-Japan」が、国際保健医療分野での活動を志す学生のみなさんに、発展途上国の実際の医療現場を体験していただくことを目的に行うものです。
 直接患者さんと関わっていただく中で、患者さんと同じ目線に立ち、一人一人を大切にする医療の原点を学んでいただくことは、大きな意義のあることと考えています。


_ミャンマー・スタディツアー

内容
 現地の医療スタッフ、ミャンマー人スタッフの補助として、病院の業務を一緒に行っていただきます。
 また、スタディツアーの性質上、ミャンマーのことを良く知っていただくための観光も企画していく予定です。

●日程(例)
1日目入国
2日目視覚障害者トレーニングセンター、孤児院見学
3日目ジャパンハート活動地へ
4日目現地体験
5日目現地出発、ヤンゴンへ、可能であれば座談会
6日目帰国


体験記(スタディツアー共通)
今までに参加された方々の体験記を読むことができます。
こちらからどうぞ!

_カンボジア・スタディツアー

内容
手術ミッション
 病院を訪れる患者さんたちとの関わりや手術の見学など、国際医療NPO「ジャパンハート」の活動を体験していただきます。また、共同生活のサポート(自炊・掃除など)も行っていただきます。現地の医療スタッフ(日本人医師・看護師)、現地人スタッフの指示には必ず従ってください。

モバイル診療
 国際医療NPO「ジャパンハート」による村への巡回診療活動を体験していただきます。これには、手術ミッションのための患者選定と、病院から遠い地域に医療を届けるという2つの目的があります。
 2日間で数百名の患者さんが受診される多忙な現場のため、患者さんの整理・整列、バイタル測定、機材・荷物の運搬、共同生活のサポート(自炊・掃除など)、雑用など、あらゆる業務をスタッフと一緒に行っていただきます。現地の医療スタッフ(日本人医師・看護師)、現地人スタッフの指示には必ず従ってください。

●日程(例)
手術ミッション
1日目・入国(プノンペン)
・タクシー(チャーター)でジャパンハート・カンボジア事務所へ移動、宿泊
・他の参加者と合流
2日目・タクシー(チャーター)で活動地へ(2~3時間程度)
・活動体験スタート
3日目
~5日目
・現地の宿舎に寝泊りしながら活動体験
6日目・活動地を出発、タクシー(チャーター)でプノンペンへ
〔スタディツアー終了〕
・以降、自由行動(夕方以降であれば同日中に出国も可)

モバイル診療
1日目・入国(プノンペン)
・タクシー(チャーター)でジャパンハート・カンボジア事務所へ移動、宿泊
・他の参加者と合流
2日目・タクシー(チャーター)で活動地へ(2~3時間程度)
・活動体験スタート
3日目・夕方まで活動体験の後、活動地を出発、タクシー(チャーター)でプノンペンへ(ジャパンハート・カンボジア事務所に宿泊)
4日目(希望者のみ)
・プノンペンにて、病院見学及びポルポト時代の遺産見学(交通手段は無料手配)
・以降、自由行動(夕方以降であれば同日中に出国も可)


●体験記(スタディツアー共通)
 今までに参加された方々の体験記を読むことができます。
 ⇒こちらからどうぞ!

地域医療現場での実習見学

以下は、「MeTs-Japan」からの学生研修の受け入れ医療機関となります。
地域の特色あふれる、素晴らしい研修をさせていただいています。

●受け入れ先医療機関
関東甲信越
・医療法人公田クリニック(神奈川県横浜市)
 対象:不問(医療系・非医療系ともに)

・山梨市立牧丘病院(山梨県山梨市)
 対象:医学生、看護学生

・梶原診療所在宅サポートセンター(東京都北区)
 対象:医学生、看護学生

山陰
・隠岐島前病院(島根県隠岐郡)
 対象:医学生、看護学生、薬学生、理学療法学生、作業療法学生

九州
・上五島病院(長崎県南松浦郡)
 対象:医学生、看護学生

●体験記
 今までに参加された方々の体験記を読むことができます。
 ⇒こちらからどうぞ!


文責:小川(藤田4年)、岩田(藤田3年)


戻る


プロフィール
MeSIA(メジア)=Medical Students In Aichi。 愛知をつなぐきっかけとなれば。愛知県の医療系学生が何を考え、感じ、行動しているのか。

お問い合わせ mesia.members@gmail.com

MeSIA運営委員

Author:MeSIA運営委員

リンク
●各大学公式HPへのリンク●
愛知医科大学
名古屋市立大学医学部
名古屋大学医学部
藤田保健衛生大学

●出展団体HPへのリンク●
ACTION
MeTs-Japan
蝶ヶ岳ボランティア診療班
東海地区小児糖尿病サマーキャンプ
BLS/ACLS
インプロ
ドリームマップ
なごやぬいぐるみ病院
HIAMU
東洋医学研究会
おうちプロジェクト
IFMSA-Japan
twitter
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
現在:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。